2020年03月30日

『 2020年3月末とフリースクール 』


IMG_20200330_110630.jpg


まさか、このようなウィルスが私たちの日常や人生に侵入してくるとは・・・

いつの日か、私たちは今をどのように振り返るのでしょうか

ちなみに私は、未来の日本史の教科書にとても興味があります

未来にわたって事実を改竄することはできませんから

はたして今の時代は、どのように書かれるのでしょうか?



現在、三重シューレでは、3月2日から春休みまで閉室しています

スタッフは交代で出ていますので、毎日、連絡は可能です

安心できる居場所を作りたいという思いで活動してきた私たちにとって、

閉室は何とも悲しい思いです


今の予定では4月6日に再開して、しばらく開室時間は、通学時の混雑を避けた10:00〜16:00にいたします

4月20日からは、通信制代々木高校の学習を始める予定ですが、感染予防のために個別学習にも工夫が必要だと考えています


今の対策としては・・・

今まで換気はエアコンのみだったのですが、直接の換気をするようにします

また、空気清浄機を2台買ってみました

IMG_20200330_110836.jpg

IMG_20200330_113659.jpg


消毒液を買い足して、非接触型の体温計も、もうすぐ届く予定です

IMG_20200330_110433.jpg


・・・このような感じです



これは、感染対策ではないんですが、ボロボロになっていた椅子を、修理していただきました

大好きなピクニックワークスさんに無理にお願いして、こんなに素敵になりました!

IMG_20200330_111035.jpg


デニムなので痛んだらツギを当てられます!!



それから、昨日の毎日新聞三重版に、三重シューレの活動に関して私のインタビュー記事が掲載されました

私たちNPOの活動の根幹の思いを書いていただいています


この記事に関して少しだけ、訂正をさせていただきます

(記者の方には、既に連絡させていただきました。確認をさせていただければよかったと思っています。)

まず、なんかみみっちいようで(笑)、ちょっと言いにくいことなんですが(笑)

年齢が60歳になっていますが、59歳なんです!(笑)


次に、私の経歴なんですが、「R社でSPI(適性検査)の開発や商社の営業などを経験」となっていますが、

私はR社でSPIに関わる仕事はしていましたが、開発は担当していません



もう一つ、法人名に「フリースクールを入れるかどうかさえ、悩んだ」とありますが、

私は悩んではいないんです(私の伝え方に問題があったのだと思います)

18年前、フリースクールを立ち上げる前の法人名は、「NPO法人三重にフリースクールを作る会」です

その5年後(既にフリースクール三重シューレができています)に、今の「NPO法人フリースクール三重シューレ」になりました

当時は今以上に不登校への偏見があって、特に地方ではフリースクールのイメージがよくなかったと思いますが、

理事会で協議して「これからも、あえて堂々とフリースクールでいこう!」ということで

「フリースクール」を法人名に入れました


私たちは、設立前から「フリースクール」にこだわってきました

フリースクール三重シューレの「フリー」は、

「子どもが決める、子どもの自由がある、子どもが主体となっている」ことだと考えています

そして、その「フリー」が認められる仲間たちによって「お互いの自由を認め合う場所」を作っています



(いしやま)
posted by 三重シューレ at 19:00| Comment(0) | 不登校 フリースクール

2019年12月16日

「いつでもつながるワーキング」


DSC_0585-001.JPG


いつでもつながるワーキング?

それ何?って思った方もいるかも知れません

以前は、『○○○○ワーク』だったんですが、名前を変えました



フリースクール三重シューレは「いっしょに生きる、個で育つ。」ことを大切にしています

・・・個で育つのですから、アルバイトや正社員の仕事を始める時期も人それぞれ



そんな三重シューレでは、現役の子ども会員、卒業したOBOGが、

アルバイトや正社員の仕事をしたいと思ったら、

いつでもスタッフがお仕事につくことを応援できる仕組みがあります


具体的には、仕事をいっしょに考える、仕事をいっしょに見つける、

履歴書・面接の準備をいっしょにする、求人先にアポをとる、

マッチングのお手伝い、だいたいこんなところでしょうか



先日のケースでは、アルバイト先を自分で見つけてきた子が、最初の電話を手伝ってほしいとのことで、

私が採用担当の社長さんにお電話をしました

面接のお願いをした後、本人が面接の日時の相談をしました

・・・後日面接をして、冬休みからアルバイトを始めることになりました!

こんな感じです


DSC_0327-001.JPG



今回、私が担当したのは最初の電話だけですが、

何でも気軽に声をかけていただければと思っています


このような三重シューレの仕組みを『○○○○ワーク』と名付けて、ホームページにアップしていました

ところが、先月、関東のある企業様からご連絡がありました

なんと、この『○○○○ワーク』が、その企業様が登録されていた商標と同じものだったのです

まさか、自分たちの活動の名前が商標に当たるなど、想像したこともありませんでした

この企業様は、当NPOの活動をご理解されて、とても丁寧にご指摘をしてくださいました



そこで、急遽、『○○○○ワーク』に替わる言葉を決めることになりました


随分考えて・・・「いつでもつながるワーキング」にしました!


DSC_0582-001.JPG



ちょっと長いものにはなりましたが、現存する商標とかぶることはないと思います

ちなみに商標としても申請しました

長くなって…ちょっとしゃべりにくくて…「商標」には相応しいとは思えませんが、

「いつでも つながる ワーキング」というのは、意味としてはいい!

満足です



まだ、商標の認可は出ていませんが、

来年の後半には商標を持った三重シューレになりそうです


では、みなさま よいお年を!



(いしやま)
posted by 三重シューレ at 16:00| Comment(0) | 不登校 フリースクール

2015年01月15日

『 第7回 日本フリースクール大会 』



あけましておめでとうございます!(完全にお正月の気分は抜けましたが)

今年も参加してきました「日本フリースクール大会」・・・通称は「JDEC」です。
Japan Democratic Education Conference の略です。


BL IDEC IMG_1056.JPG



今年で7回目になりますが、フリースクール関係者、子ども・若者、保護者、教育関係者などが参加しています。

今回の特徴は、「国がフリースクール支援を検討しよう」という動きの中で、パネルディスカッションに現文部科学省フリースクール担当官の亀田徹さんも出席され、そこにはNHKの取材も入っていました。

にわかには信じがたいことでしたが、国は「フリースクール支援」に本腰を入れて検討していくとのことです。


国による支援が不登校の一部の子どものためのものでなく、全ての子どもの最善の利益につながることを願っています。

もう一つ、不登校に関係なくフリースクールを選択できる社会になることも!
そもそも、デモクラティック エデュケーション なのですから。


さて、今年の大会では、分科会「子ども中心の学び」のシンポジストとして私も参加してきました。(昨年も全体会、分科会でフリースクール三重シューレの活動を紹介させていただきました)

そして今回、全体会の「子ども・若者シンポジウム」にOBの「岡さとし」くんが参加しました。(参加ありがとうございます!)

この全体会は『フリースクールで育つとは 〜当事者の今、これからに学ぶ』というテーマで、2人のフリースクールOBと2人のフリースクール現役会員が自分の体験・考えを話されました。

いつもながら、当事者の言葉には説得力があります!

本当に心に響きます!!


BL IDEC IMG_1057-001.JPG


三重県の三重シューレで6年ともに過ごしてきた岡さとしくんと、東京で再会し、東京で行われるフリースクール大会の場で、お話を聞かせていただくことになるとは当時は全く想像できなかったことです。


人生は予測がつきません。予測して先回りしたがる大人が多いですが・・・


さとしくんは、三重シューレに中学一年から入会し、ゲーム、レース観戦、フライトシュミレーションゲーム、写真など興味を持ったことを次から次へとやる中で、中3の時にギターに出会います。
それから毎日、三重シューレでかなり長い時間、朝から帰りまでギターを弾いていました。

高校年齢になると、三重シューレに通いながら、連携している通信制代々木高校の学習を三重シューレで始めます。三重シューレで高校卒業資格を取得後は、東京のギターの専門学校に進学しました。

そして、20歳の時にGuitarMagazine Championship Vol6及びGIT Masters2012にてダブルグランプリを獲得します。


このシンポジウムでさとしくんは、「フリースクールではやらされていることがない」「・・・子どもを否定しない」と語っていたように、きっと自分の納得する時間を積み重ねてきたのだと感じました。

さらに、さとしくんは「これからやりたいことは今までの延長で、ソロのギタリストとして、世界に活動を広げていきたい」と話していました。


さとしくんがあの時、「否定されずに、次から次へと興味のあることに取り組んできたこと」がギターとの出会いにつながったようにも思いました。

もしかしたら「否定されずに次から次へと興味のあることに取り組める環境(邪魔されない人間関係)」があれば、ギターと出会うことは必然であり時間の問題だったのかも知れません。


ちなみに私は分科会で、これからも「子どもを信頼し、子どもの人生を邪魔しないこと」を大切にしていきたいと話をさせていただきました。



(いしやま)



posted by 三重シューレ at 15:40| Comment(0) | 不登校 フリースクール