2021年03月12日

『三重県立美術館のダリ展』


ダリ6.jpg


昨日3月11日、お天気のいい中、歩いて三重県立美術館のダリ展に行ってきました

美術館に歩いて行けるって、うれしいです

ちょっとぜいたくな気もします


三重シューレでは、月に一回「コマダさんの造形講座」があります

考えて絵を描く・・・ものの見かた・捉え方・・・デッサンの基礎・・・デザインの基礎など、いろいろなことをやっています

講師は駒田さんです

長い間、美術とデザインをやられています

次回の造形講座に参加予定のメンバーは、事前になるべく、ダリ展に行くことになっていました

・・・さて、来週、どんな講座になるのか楽しみです


ダリ4.jpg


自分もダリの絵が好きで、過去にダリ展に行ったこともあります

久しぶりに本物のダリの絵を観ましたが、魅力的です

ほしーい!!  無理です!(笑)


ダリの発想、構図もセンスも好きです

ずっと見てても飽きなくて、余韻が残って・・・・・とても惹かれます

絵を描く力量が凄いので、その独特の世界観に圧倒的な説得力があります

写真で見るダリは、とても神経質そうで近づきがたく、画力を獲得するための地道な努力をイメージできないのですが・・・修練を感じさせないのもダリの魅力でしょうか


ダリ1.png



素晴らしい絵画を鑑賞できる日常、そこにある幸せを実感しています



(いしやま)
posted by 三重シューレ at 11:53| Comment(0) | みえシューレの日常

2019年06月21日

「 美術?造形? コマダさんの造形講座がはじまりました! 」


IMG_9596-001.JPG



三重シューレでは、ずっと美術講座があります

今月から、新しい美術の講師に、デザイナーであり、美術、美術教育、絵本に携わってこられた駒田賢一さんに来ていただけることになりました!

講座名は  「コマダさんの造形講座」 になりました!!
通信制高校の授業としてではなく、誰もが参加できる講座です



第1回目の参加者は、予想に反して?男子が3人で、
描くことや作ることが得意でないと思っていても楽しめるような講座でした


IMG_9614-001.JPG



折り紙をちぎって他のメンバーと交換し、その折り紙の形を生かして想像したものを描いていく

点を打って、3角形につなげていく…
つなぐ場所で形が変わる…
なんか浮き出てくる…

おもしろそうなことやってます


IMG_9608-001.JPG



つぎつぎに なんかいろいろなことやってます

時間がどんどん過ぎていきます

考えながら描く、考えながら作っていく感じでしょうか

いや 時には無心という感じかも

とにかく 一人ひとりが自由な発想 で、描いたり作ったりしています

なんか楽しそうです

IMG_9629-001.JPG



こうやって生まれてきたものは、観ているのも楽しいです



IMG_9630-002.JPG





(いしやま)
posted by 三重シューレ at 17:04| Comment(0) | みえシューレの日常

2018年12月06日

『 時間の感じ方は違っても… 』


DSC_0463.JPG



三重シューレでクリスマスツリーを飾りました

ずいぶん前にいただいたツリーなのですが、オーナメントも増えてきました



DSC_0466.JPG

自分は毎年登場するこのサンタさんが大好きです


DSC_0467.JPG

子どもがレジンで作ったオーナメントもお気に入りです


DSC_0458.JPG

三重シューレの外からも少し見えます



もうすぐお正月・・・本当に1年が早い  

早すぎる  

よく言われることですが…

年齢を重ねると 時間が飛んでいく ようです

どんどんスピードが増すように感じます



・・・ということは 小さい頃は、月日の経つのを遅いと感じていたのでしょうか?


思い返すと、確かにそんなようだった気がします

そうすると…嬉しい時や楽しい時の時間も長く感じていたのでしょうか?

悲しい時や苦しい時の時間も長く感じていたということ?

本当?


良い時はいいけど、悪い時の時間も長く感じる・・・これって大変です

この世は天国でも地獄でもありませんが、苦しい時間が地獄のように長くなる

若い人って、ましてや子どもって大変ですね・・・時間を長く感じる中で生きてるんですから(短く感じる人がいたらすいません)


それでいて、まわりから同じ年齢の子と 比較 されたりもするので、時には歩み方を焦らされたり…こんな時は時間が経つのが すごく早く 感じたり、やっぱり若いって大変です!!!



そう言えば、むかし 所ジョージさん「若いという字は苦しいという字に似ている」と著書の中で言ってました
(他の方の歌の引用かも知れません)

いつもお気楽に見える所ジョージさんにも苦しい時間があったのでしょうか?



B DSC_0462-001.JPG


今年も終わりに近づいて来ました

子どもたちと 時間の感じ方は違っても、今年も同じ時間を生きてくること ができました

来年も、天国でも地獄でもなく、 「そこそこにいい時間」 をいっしょに生きていければ嬉しいと思っています




(いしやま)


posted by 三重シューレ at 16:00| Comment(0) | みえシューレの日常