2019年12月03日

「伊藤園の寄付型自販機登場!」

DSC_0574-001.JPG

三重シューレは、津駅近くにあって、目の前には道路があります

とても便のいいところなので、入り口の脇に自動販売機が3台設置されていました

ここに4台目が登場!


DSC_0561-001.JPG


しかも 三重シューレの寄付にもなる自動販売機が設置されました!!

三重県遊技業協同組合様と伊藤園様と三重シューレのコラボということですが・・・

本当に三重シューレは何もしていません

三重県遊技業協同組合様と伊藤園様の企画です

ありがとうございます!!!



この自販機は、災害時に飲料を無料で利用することができる災害時対応型で、

電源がバッテリーに替わって、約2時間稼働できるようです


DSC_0562-001.JPG


そして、自販機の側面にはOGのかんなちゃんの作品が大きく貼られています!




あっ ポカリやオロナミンCがある?

あれっ 不二家のネクターも??


・・・自販機を前に驚いていたら、他社との協力によっても商品が構成されていることを伊藤園のご担当者に教えていただきました  

飲料のラインナップは、子どもたちも利用しやすいように種類・価格を検討されているとのことです


DSC_0563-001.JPG

「お〜いお茶」やオロナミンC、まさかのネクターと三重シューレが寄付でつながるなんて・・・

そもそも、こういうご寄付のスタイルがあることも知りませんでした

…三重シューレへのご寄付の輪が広がることをとても嬉しく思っています


この自販機が県内に広がっていったら・・・・とてもありがたいです


自販機の設置を検討される方は、

ぜひ、三重シューレへの寄付と防災がセットになった伊藤園の自販機を!!


DSC_0567-001.JPG




(いしやま)
posted by 三重シューレ at 15:00| Comment(0) | これも みえシューレ

2019年07月18日

『 三重県知事が三重シューレに! 』


IMG_9691.JPG



鈴木英敬知事が三重シューレに視察にいらっしゃいました!

三重シューレが出来て17年目!   知事が三重シューレに!!!


知事が視察にいらっしゃることは、とてもうれしいことです!!

三重シューレには、昨年から、県に加えて、地元津市の教委の方も訪問されるようになりました



まずは入り口近くから、スペース内にある「もの」の説明をいたしました

三重シューレ内にある「もの」には、それぞれに意味や歴史があります

知事には、まず入り口のテーブルの説明…ふたを開けると鉄道模型が?!

IMG_9690.JPG


限られたスペースでやりたいことをやるためにこのようになったこと・・・このテーブルはミーティングで提案して作ったこと・・・

次に最近買った足踏みのステッパーは結構人気で、これもミーティングで提案して購入して・・・

このレジンの作品・材料も全てミーティングで・・・

ここにある漫画はミーティングで・・・

IMG_9785.JPG


ドラムも・・・

ギターも・・・

三重シューレ内のことは全てミーティングで

・・・自分がミーティングのことばかり話していると

知事も「ミーティングが大切なんですね」と(笑)


三重シューレは、ここにいる仲間たちの場所です

その仲間が、対等な関係で、お互いを尊重するためにもミーティングが必要になります

お互いを認め合いながらいっしょに生きる」ためにミーティングの役割は大きいと考えています

フリースクール三重シューレはデモクラティックスクールでもあります



それから、子どもたちが随分時間をかけて話し合って準備してきた「知事といっしょにゲーム」をする時間になりました

参加者は小学校低学年から中学生の子どもたちです

選んだゲームはニンテンドーランドのマリオチェイス!


鬼ごっこのようなゲームです


IMG_9719.JPG


鈴木知事にコントローラーを渡して

ゲームの説明は、Kくんです


知事が追いかけるメンバーになって2ゲーム終了後、

知事が「もう1ゲーム!」ということで、今度は逃げる鬼になっていただきました


今日は、知事に見学に来た子どもをちょっと体験していただけたかも知れません


IMG_9708.JPG



知事のフェイスブックには「楽しい時間」だったことや、
いろいろな年齢の子どもとスタッフが「フラットな関係」の中で過ごしている場所であることが書かれていました。


その後は、知事と行政のご担当者、三重シューレはOB・高校生・石山の三人が小部屋で懇談をしました。

短い時間でしたが、不登校をした時の気持ち、学校と三重シューレの違い、

仕事やバイトのことなどリラックスした中で、率直にお話ができた懇談になったように感じています

また知事からもいくつも質問をいただきました


知事のフェイスブックの最後には、

「県としても、教育委員会などとフリースクールの皆さんとの連携をし、子ども達に寄り添い、多様な価値観が認められる地域にしていきたいと思います。」


と書かれていました


鈴木知事 今日はありがとうございました!


IMG_9755.JPG



私たちも、三重県が多様な価値感が認められる地域となること、
そして子どもが個人として尊重されながら安心して育つことのできる地域になるために活動していきたいと考えています




(いしやま)
posted by 三重シューレ at 16:13| Comment(0) | これも みえシューレ

2019年02月25日

『 三重シューレで高校の説明会? 』


DSC_6499.JPG



時代が変化するスピードがどんどん早くなってきているように感じますが…

今の時代でも、「中卒」で仕事をして生活していくことは可能だと私は思っています

三重シューレには、中卒の生き方を楽しんでいるようにも見えるOBもいます

ちなみに私の大好きなシンガーソングライターの七尾旅人さんも中卒です



三重シューレでは連携している代々木高校の卒業資格をとって巣立つ子どもが大半ですが・・・

実際には、中学校で不登校をした後で高校に進学し、そこを辞めてから三重シューレに来た子どもが多いです

そして、「こんな風に フリースクールで高校を卒業できる の知らなかった…
しかも3年で…」「中学の時に知ってたら、初めから三重シューレに来たのに」ってよく言われます



・・・あまり知られていないようです

もう13年前から、やってるんですが…

今では、教員免許を持った7人の各講師による完全個別(社会は少人数、希望で完全個別)でやってます

これ、かなり自慢です!


それなのに、

           ずっと高校の説明会をやっていません!!!

 
「子どもが決める」ためには情報を届けることが大切なのは分かっているのですが…

・・・ 学ぶタイミングは、人それぞれがいいと 考えているので・・・

      説明会は「一斉に始めさせるように思えて… 

じっくり自分の生き方を考える時間を奪ってしまうようにも思えて…



実は自分は東京シューレのスタッフの前は、私立高校の教員をやっていました
説明会やオープンキャンパスは、
綿密に準備が出来るので主催する側が圧倒的に有利になり、「説得力」が生まれてしまいます 

「説明」と「説得」は近いものを感じます

さんざん説得されてきた子どもたちに、 「説明と言う説得」はしたくない! です


なんとか 「説得しない説明会」 はできないものでしょうか?


DSC_6503.JPG


  …もしかしたら??!

よかったことだけでなく、

今までやって来た中での課題も率直に伝えて、

課題を一緒に考えるのはどうでしょうか?


そのコンセプトだったら、よさそうな気がします


でも、そんな

『 脱説明会! 通信制高校の学習を進める上での課題を一緒に考える会 』

来る人はいるのでしょうか?



来年度は検討してみようかな

今度、三重シューレの子どもたちに相談しようと思います



(いしやま)
posted by 三重シューレ at 16:00| Comment(0) | これも みえシューレ