2016年02月12日

『 入会説明会?・・・「不登校から見える世界」!! 』



HP_2559.JPG




年度末が近づいてきて、高校受験の真っただ中の人も・・・


「フリースクール三重シューレでは入会説明会をやらないのですか?」というお問い合わせをいただくこともあります

中学卒業後の進学先として『フリースクール+通信制高校』のようにセットで考えたい方たちもいらっしゃると思います

このようなご希望があることはよく承知しているのですが・・・・・今年も入会説明会は開かないことにしています

ご希望する方には、本当に申し訳ありません



主な理由は、「フリースクールへの入会のタイミング」は人によってさまざまですし、「フリースクールへの入会と通信制高校の入学をセット」にすることは大きな決意を子どもに迫ることになるのではないかと考えているからです


また、三重シューレは「子どもの試行錯誤を応援」できるフリースクールでありたいので、初めからフリースクールと通信制高校をセットにすることは試行錯誤から遠くなるようにも思います


そもそも、通信制高校の学習を選択しないで、通うことができるのがフリースクールです




まず、フリースクール三重シューレに入会するかどうかを子どもが決める・・・

三重シューレに少しずつ慣れる・・・

それから通信制高校の学習をするかどうかを決める・・・

自分のペースで通信制高校の学習をやってみる・・・

・・・こんなふうに三重シューレでは提案しています




HP_2563.JPG

(チョコやお菓子でにぎやか)



三重シューレの理念は「いっしょに生きる・『個』で育つ」です

「三重シューレへの入会」と「通信制高校の学習の開始」をセットにすることは、人によっては「個で育つ」ことを邪魔することになるとも考えています

そのような訳ですので、この時期に一斉に「入会説明会」は開かないことにしています

もし、三重シューレに興味を持った時は、いつでも結構ですので、その時にご連絡ください


保護者の方の入会相談の後、2回の見学ができます

この間、お時間はどれだけかけても結構です



また、「入会相談」(個別で2時間)の時に、先週出来たばかりの書籍「不登校から見える世界」(内容は以前から電子出版で出しているものです)をお渡ししています


お読みいただければ、三重シューレのことがよくわかります


不登校の当事者である子どもの言葉は、爽快で説得力があります!!


もし、「入会相談」の前にお読みになりたい方は、
電子出版( http://www.mienoko.com/activity05.html )でもお買い求めいただけます

また、今すぐに書籍をご希望の方は、600円(500円のご寄附 + 100円の送料)で送らせていただきます

〇郵便振替  番 号 :00840−6−86689 
加入者名:NPO法人フリースクール三重シューレ
通信欄 :「不登校から見える世界」


以上のようにご記入いただいて、お振込みください



読んでから見るか?

見てから読むか?




もちろん、三重シューレの入会に関係なく、おすすめです!

『不登校から見える世界』



本当にいいですよ



HP_2562.JPG

(ゾウガメのチョコ!)




(いしやま)
posted by 三重シューレ at 15:55| Comment(0) | 日記

2015年12月08日

『 今年の・・・志摩宿泊スクーリング 』


DSC_0554.JPG


志摩市で行われる代々木高校の2泊3日の宿泊スクーリングに行ってきました

ブログが随分遅くなってしまいましたが・・・



このスクーリングでは、

代々木高校に三重シューレだけの特別プログラムを作っていただいています

しかも、三重シューレメンバー限定のスクーリング!!!

三重シューレのスタッフが3人同行します!


今年は、ハイキングや星空観測を予定していた2日目に雨が降って、少し残念でしたが、

それでも結構体力的には疲れました

少なくとも私は・・・


今年も写真を中心に・・・





「初日は、ほぼ室内で・・・」


いきなり、英語!  数学! と続いた後で、

三重大学の松井先生による「アコヤ貝の解剖実習」です


DSC_0031.JPG


血が出ないので比較的なじみやすいのですが、

小さくて意外に複雑な構造なので、解剖自体は難しい?


DSC_0041.JPG


そして何と!    最後には真珠を取り出します!!

実は、最初から出た人もいました?


取り出した真珠をビューアーで見ると

それが、なかなかいい色、いい形のものは出ません・・・

DSC_0132.JPG


10個に一個も出ない!!

色や形のそろった真珠のネックレスを作ることが、どれだけ難しいことか・・・実感できました



養殖は大変ですね

しかし、今また、日本の高品質の真珠が注目されているとのことです

志摩では後継者も不足していて募集中・・・このような生き方もできそうです





「お世話になった弁天荘さん」


今年から、宿泊は地元の旅館になりました

弁天荘さんです・・・特に食事が大好評でした!!!!!

DSC_0149.JPG


DSC_0145.JPG


DSC_0157.JPG

こんな感じです

毎食とても楽しみでした!



IMG_1954.JPG


窓から見える景色も最高です!





「二日目は雨がポツポツ・・・様子を見ながらハイキング」


IMG_2030.JPG


DSC_0256.JPG

大王崎の灯台を見学して、その周囲をハイキング


DSC_0326.JPG


こんな風景が好きです


帰ろうかなというところで、雨が強くなってきました




「室内で星空観察?」


代々木高校に戻って、

あいにく雨のため星空が見えないので

DSC_0409.JPG


室内で映像を見ながら、星座や宇宙、宇宙人の話も・・・

講師は昨年に続いて、JAXA宇宙教育リーダーの宮本秀明先生です!



DSC_0413.JPG


宮本先生がどれほど宇宙が好きなのか・・・よくわかる授業です




「最終日はてこね寿司作り」


二度と行けないような複雑な道を通って行くと・・・・・とても静かな入り江にある漁師さんの作業場? 

いや海女小屋?

家庭科の授業にもなります


DSC_0427.JPG

講師は地元の原条先生です




DSC_0466.JPG

カツオの「てこね寿司」を作りました


これまた お味も大好評!


DSC_0450.JPG

家でも作れるかも



DSC_0473.JPG

そして目の前にはカヌーが

希望者は乗せてもらえることになりました



DSC_0506.JPG

こんな風です


DSC_0485.JPG


スケッチをしている仲間も



DSC_0530.JPG


なぜか 別れの場面




「お世話になった代々木高校の先生」


教科の先生で写真を撮れなかった先生もいますが・・・

DSC_0286.JPG

いつもお世話になっている 野田先生



DSC_0173.JPG

社会だけでなくいろいろとお世話になっている 皆川先生



DSC_0302.JPG

今年はハイキングでしたが、いつもはテニスの横田先生

一歳のお子さんにテニスラケットを買ったとか・・・




DSC_0167-001.JPG

三重シューレのスタッフは写真やビデオを撮っています


DSC_0243.JPG


こんな感じです






今年も楽しく充実した時間になりました・・・


ありがとうございました!




(いしやま)
posted by 三重シューレ at 15:15| Comment(0) | 日記

2015年10月08日

『 入会相談から・・・ 』

DSC_0175-001.JPG

芸術の秋? 
  
趣味の秋?

いや相談の秋?

実は一年中なのですが・・・


夏休みが明けてから、保護者の入会相談がとても増えています。

特に今年は多いような・・・


フリースクールが認知されてきた?

学校以外で育つことを認める大人が増えた?

正確な理由はわかりません!?


フリースクール三重シューレでは13年前のオープン以来、入会には慎重に対応しています。

2時間をかけた保護者の入会相談の後、子どもが望んだ場合に入会見学(2回)ができます。


三重シューレでは、入会に際して大切にしていることがあります。

それは、親の願いで「子どもを入会させる」のではなく、「子ども自身が入会を決める」ことです。

実際に、数か月かけて、じっくり考えて入会するケースは珍しくありません。


入会相談では、保護者の方のお話を聞かせていただいた後で、三重シューレの考えもお伝えして、「子ども自身が入会を決めること」ができるように保護者の方が対応することを提案しています。


学校に行かない(行けない)からといってフリースクールに「行かなければならない」ことになったら大変です。

私が子どもだったらイヤです。

無理に勧める親を信頼することはないでしょう。



無理に入会させられたら、その子どもにとって「フリー」スクールではないでしょう。
フリーは、心の自由であり、行動を自分で決めることができるのがフリースクールです。



DSC_0167-001.JPG



そもそも人間の育ち方・生き方は様々です。

個人の生き方・育ち方、自己決定を無視するような「・・・しなければならない」という言葉は地上から無くなって欲しいとも思っています。


また、大人がよく使う「子どもに・・・をさせる」という言葉にも疑問を持っています。

育ち方は予測できませんし、子どもは大人の『盆栽』ではありません。


「子どもに・・させる」という言葉を使うところはフリースクールではないでしょう。



・・・・・今日はちょっと、調子にのってもう一つ、

大人や教育関係者がよく使う「子どもに自信を持たせる」という言葉にも大きな違和感を持っています。

自信は、気が付けば自分で育んでいるものではないでしょうか。

「持たされた自信は、持つのも早いですが、失うのも早い」ように思います。


DSC_0177-001.JPG


「・・・しなければならない」ことや「持たされた自信」、そして「大人や他者の期待に応える」ことを柱に記憶を積み重ねていったら、それを自分の人生と実感できるのでしょうか。


命は一つ、人生は一回であり、命の使い方を決めるのは自分です。


学校に行かない時間を手に入れたのですから、じっくり考えて、少しずつ決めていく。

未来を見ようとすると気が遠くなるかも知れませんが、たいていの場合、その人にとって決められることは目の前にあることだと思います。

大人が子どもに迫る『進路』という言葉は幻想かも知れません。

目の前のことをじっくり考えて、「少しずつ決めていく」ことがいいのではないでしょうか。

人生は試行錯誤の連続であり、少しずつ決めたことは変更するのも容易です。



「入会相談」では、このような三重シューレの考え方を保護者の方にお伝えしていますので、この相談後に見学に来る子どもは何割か減ります。

無理に連れられて来なくてよかったと思っています。


もし、「入会相談」をした保護者の子どもの全員が三重シューレに見学に来ることになったら、間違った入会相談を私がしてしまったことになります。


家庭、フリースクール、学校・・・子どもは存在が否定されない場所や信頼関係の中で必ず育ちます。

これはフリースクール三重シューレのスタッフの確信です。


DSC_0181-001.JPG


これからも子ども自身が本心から入会を検討できるように、三重シューレでは慎重に対応したいと考えています。



そして、自分で決めた子どもたちに出会えることを心底楽しみにしています。





(いしやま)
posted by 三重シューレ at 13:51| Comment(0) | 日記